更新日:2017/07/18

植毛の副作用とは?

 

植毛をしたら、副作用はありますか?

 

悩む女性

メリットがあれば、どんな物にもデメリットはつきものです。安全性が高い事で有名な植毛にも、副作用や後遺症などがあるという事をまず知っておく必要があります。

 

 

麻酔によって起こる副作用

 

公共交通機関

植毛の手術は麻酔をして行う手術となります。個人差がありますが、「すっきり目覚めた」という人もいれば、「ぼーっとしてしまう」「なんだかふらついたように感じる」という感想を言う人もいます。手術が終わり、麻酔が切れるまで、病院内で安静に過ごしましょう。

 

植毛は日帰りの手術となりますが、車の運転はせずに、公共交通機関やタクシーを使う事をオススメします。遠くからの利用者に向けて交通費や宿泊費を負担してくれるクリニックもあるので、それを利用する手もあります。

 

 

麻酔が切れてからの痛み

 

痛みの感じ方も人それぞれですが、「まったく痛くない」「チクチクする」「かゆい」という感想が多く、頭皮の腫れを感じている人はあまりいないようです。しかし、まれに頭皮に腫れや炎症を起こすケースもあり、「人工毛植毛」の場合、そのリスクが高まるので、「自毛植毛」を選択して、リスクを減らしましょう。1週間ほど痛みを感じる人もいるようですが、年間に1〜2人とまれなケースのようです。

 

痛みは手術法によっても変わります。痛みを感じたくないならば、FUE法がオススメです。

FUT法 FUE法
  • メスで切る手術
  • 料金が安くできる
  • 縫合などにより手術時間がかかる
  • 切る手術なので体に負担がかかる
  • メスを使わない切らない手術
  • 料金がFUT法に比べて高い
  • 手術時間が短時間で済む
  • 体の負担が軽い

 

女性が気になる植毛の手術法

女性の植毛手術「メスで切る(FUT法)」「切らない(FUE法)」?

 

ショックロス

 

ショックロスに驚く

これは一時的に起こる脱毛です。術後に植毛した部分の周りの毛が脱毛する事があります。「ショックロス」と呼ばれますが、これは悪い現象ではありません。

 

細く抜けやすくなっていた毛が抜ける「永久的脱毛現象」と「一時的脱毛現象」である植毛の毛根が準備段階に入った事から起こる脱毛があります。植毛を受けた人の中の5〜10%の人が実感する脱毛ですが、これからしっかりと植毛した毛根が活躍するための通過点です。

 

 

喜ぶ女性

植毛はかつらや増毛とは違う、自分の毛で行う事ができるというメリットがあります。自分の体を心配し、副作用を恐れる事はあるでしょう。しかし、その恐れは信頼できる病院と医師の選択で払拭する事ができます。

 

クリニック選びで困った人は、こちらの記事がオススメです!

 

女性視点のクリニックの選び方

女性の植毛には有名クリニックがオススメ!

 

しつこい営業活動は皆無!口コミでも高評価の無料相談がおすすめ

植毛クリニックの多くは、無料カウンセリングを行っています。薄毛で悩む方に気持ちに寄り添った、カウンセリングがしてもらいたいならば、実際に植毛を体験しているカウンセラーがいるクリニックがおすすめです。

「アイランドタワークリニック」のカウンセリングを担当する専任アドバイザーは、実際に自毛植毛を体験しているので、植毛をする前の気持ちを理解してくれています。

無料カウンセリングでは、誰にも相談できない女性の薄毛で気になることを聞くことで、悩みが少しでも軽くなってスッキリするでしょう。

毛髪アドバイザーの無料カウンセリングはこちら


クリニック限定の交通費や宿泊費全額キャッシュバック


  • 東京都新宿区西新宿6−5−1 アイランドタワー5階
  • 大阪市北区曽根崎2−6−6 コウヅキキャピタルウエスト7階
  • 名古屋市中村区名駅4−24−8 EME名古屋ビル7階
  • 福岡市中央区今泉1−22−20 アベニュー天神6階

  • アイランドタワークリニックの公式サイト

    ※女性の実績も多いクリニックだから安心です。